NISA(少額投資非課税制度)って知ってる?

NISAとは少額投資非課税制度のことです。
NISAという制度を利用することにより株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にすることができます。
まさに、少額投資非課税制度という名前通りの制度なのです。

具体的には毎年120万円まで非課税投資枠が設定されています。
つまり、投資金額120万円分までの株式投資や投資信託にかかる運用益や配当金が非課税となるのです。

少額投資非課税制度は2014年1月からスタートして、年々拡大傾向にあり現在では未成年でも口座が作れるジュニアNISAという制度もできています。
NISAによる非課税の期間は最大5年間となっており、途中で売った場合には非課税枠を使ったとみなされるので再利用できません。
また、非課税枠を使っての投資総額は合計600万円までとなっています。

そんな少額投資非課税制度であるNISAを上手に利用するためには長期投資向けの株や投資信託を買うのがおすすめです。
これは、仮に順調に株価が上がっても5年目に一旦売ることで非課税枠を買い直すことができて再び5年間は非課税の状態になるからです。

NISA口座を作るためにはあらかじめ証券会社の口座を作っておく必要があります。
実はこの証券会社の選び方はとても重要です。
少額投資非課税制度でせっかく利益を出して節税できたとしても売買手数料が高い証券会社を利用しているとあまり意味がありません。
そのため、NISA口座を作るときには手数料にも注目するべきなのです。

また、証券会社にはそれぞれの特徴があったり、キャンペーンを行っていたりします。
少しでもメリットがある証券会社を利用するために調べてから口座開設をするようにするのがおすすめです。

NISAは株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度です。
少額投資を考えている人にとっては税金面で大きなメリットがあります。
これから投資を始めてみようと考えている人は検討してみてください。

NISAの注意点

NISAにはメリットもありますが注意しておくべきこともあります。
まず、短期で繰り返し売買するのには注意が必要です。
少額投資非課税制度という制度では資産の売却後に非課税枠の再利用することができない仕組みとなっています。
つまり、長期間投資向きの制度となっており短期投資には向いていないのです。

NISA口座にはできないこともあるので注意が必要です。
実はNISA口座では投資での利益と損を相殺することができません。
通常なら一方で儲けたが、もう一方で損をしたとなると利益と損を中和することができます。
しかし、NISA口座ではそれができないのです。
つまり、トータルで考えると儲けていないのに税金を支払う義務が発生する可能性がでてくるのです。

また、損失繰越ができないという面もあるので注意が必要です。
一般口座や特定口座の場合は確定申告をすれば、その年に出た損失を3年間繰越して税金の繰越控除を受けることができます。
しかし、NISA口座では損失を繰越することができないのです。

NISAで損失を出さないためには、損失が大きくなる前に商品を売ってしまうことが重要です。
どうしても損失を繰越すことができない以上はできる限り損失を最小限に抑える必要があります。
ただ、損切りを早めにすると一時的に損失を出しているだけで、その後価格の上昇が見込める場合があります。
状況を見ながら対応するべきです。

また、NISA口座を作る際にはどこの証券会社で口座を作るのかも注意が必要です。
株式の売買手数料は証券会社によって大きく異なります。
利益を出しても手数料が高いのはもったいないです。そこで口座開設も注意すべきなのです。

小額投資非課税制度はメリットもありますが、注意すべきこともあります。
しっかり注意点を押さえた上で利用してください。