初心者でもわかる株の買い方

たくさんのお金

株を買うということは決して難しいことではなく、手順さえ知っていれば誰でも簡単に行うことが出来ます。
趣味としても資産運用としても株を売買することには注目が集まっています。
銀行の金利も極めて低いため、資産をいかにして運用するかが多くの方にとっての関心事ともなっています。

株を購入するにはまず証券会社の口座を用意する必要があります。
銀行口座からは株式に投資できない仕組みとなっており、証券口座を開くことがまさにスタートと言えます。
口座といってもそれほど大袈裟なものではなく、インターネット上で申し込めるケースも多いです。
証券口座には管理料が発生するケースもありますが、中には管理料が無料である証券口座もあるので初心者の方にはそちらもお勧めです。
ただし、仮に管理料が発生したとしても、その分サービス面が充実している可能性もあります。

証券口座を開いた後は自分の口座へとお金を振り込みます。
振り込みの手段は基本的にいくつか用意されていて、銀行や郵便局から一般的な方法で振り込むことも可能です。
ネットバンキングなどに対応している証券会社の場合は、インターネット上から振り込めるので手間があまりかかりません。
振り込みの際には手数料が必要となりますが、こちらも証券会社によっては無料となっています。
口座管理料がかかるとしても、振り込み手数料が無料なら結果的にお得になることも考えられます。

このように証券会社はそれぞれに特徴が異なっているので、それらの特徴を冷静に比較することが極めて重要です。
初心者が株を買うにあたって第一に大切なのがこの証券会社選びです。
株の買い方を考える以前に、自分に合った証券会社を選択することから始まります。
一回一回の手数料なら安価に見えても、何度も株を購入していくうちに合計の手数料が高くなってしまうこともあります。
注意深く選択する必要性があると言えます。

また、株初心者だと情報の取捨選択が非常に難しく指標になるものを選びにくいことがあります。
そんなときには、おすすめ株銘柄をご紹介しているサイトなどを参考にしてみることから始めるのも選択肢として挙げられます。
では、初心者の方でも簡単に行える株の買い方を紹介します。

株を売りたいときはどうすればいいの?

証券口座にお金を振り込んだらいよいよ買いたい株を選択します。
もちろん、株は闇雲に選択するものではなく、今後上がりそうな物を選ばなければなりませんが、なかなか分からないという初心者の方も少なくありません。
よく名前の知られた企業の株は思わず買いたくなってしまいがちですが、人気の銘柄は高額であるケースが多いです。

たくさんの株を一気に買うのはリスクが大きいので、初心者の間は少しずつ色んな銘柄を選択する買い方がお勧めです。
いきなり大きな額を儲けようとするのではなく、まずは慣れていくことが大切です。
何度も売り買いを繰り返すことで何となく感覚が掴めてきます。

買う株が決まったら証券会社に注文を出します。
企業と直接的にやり取りをするのではなく、証券会社の仲介によって売買するのが株の特徴です。
注文方法には2種類あります。
株価がいくらでも良いという方は成り行き注文、自分で買う価格を決めたい場合は指値注文を選択します。

出した注文が取引成立するとようやく購入が完了します。
ここまでが買い方の一連の流れです。
ネット証券は発行がなされませんが、パソコン上で確認できるので別段問題はありません。

自分で価格を決めた場合は交渉が成立しない場合もあります。
それでも、どうしても買いたいならば買い値を上げるか、成り行き注文に切り替える必要があります。
しかし、どんどんと買い値を高めていくことはリスクを上昇させることに繋がります。
ここが買い方の肝となっています。

購入した後は基本的にいずれは売却します。
その方法は買い方とそれほど変わらず難しいことはありません。
大切なのはタイミングなので、いつでも売買しやすいネット証券には大きなメリットがあると言えます。

サイト内検索